すばるいぬの下北沢ひとりぼっち

下北沢近辺に住み始めて5年。下北沢周辺情報や1人暮らしのライフスタイル、転職・お金のあれこれを書いていく雑記ブログです。

【公務員からの転職日記 No.2】「退職したい」から1週間で退職決まった話

前回記事: 
【公務員からの転職日記 No.1】某地方上級公務員からの転職決めました

次回記事:【公務員からの転職日記 No.3】転職活動のはじまり①|仕事&評価への不満


入局2年目で退職を決意しました!すばるいぬです!


前回の記事では「会社辞めりゅ!」という決意表明だけで、
その後どうなったかが全然なかったですね。

という事で報告させていただきます。



私すばるいぬは2018年6月末をもって
退職させて頂きます!!




決意表明から1週間の退職


きっかけは2018年5月15日のメンタルカウンセリング。

あの時は本当に仕事に参ってて、
朝起きるのが本当に苦痛で仕方ありませんでした。

でも他の同僚は普通に働けてるし
(愚痴は言うけど)
自分がおかしいのかな...とか思って
受診することになったのです。


そしてカウンセリングを受けた結果↓



更に数日後、


そして2018年5月21日、


この間わずか6日である。


公務員は「来るもの拒まず、去る者追わず」


2018年5月21日14時。

私は直属の上司に「ご相談したいことが...」
と言い会議室を借りて
単刀直入に「仕事辞めたい」と言いました。

まず私が伝えたのは
・転職先の業界をある程度決めていること
・自分のしたい仕事をどうしてもやりたいこと
・ゆくゆくは家業の塾を継ぐこと
・今の職場には不満は無いこと
(嘘だけど遺恨を残さないよう)



面接前にはネットで
「退職 切り出し方」とか
「退職 引き止め」とか
とにかくそういうワードで検索しまくって
どんな引き止めが来ても
絶対退職してやるぐらいの
気概で挑んだのですが...


上司「そこまで決めてるなら仕方ないですね、
所長にもすぐ伝えて面談しましょう」

私「えっ、ハイ」



えっっ!!!

早っっっ!!!! 

引き止めゼロかい!!!




そして所長と上司で三者面談。

所長「いつ退職したい?」

私「6月とかどうですかね...(おずおず)」

所長「ボーナスあるから良いね!
7月頭だと夏休みもでるんだけどどう?」

軽い!!!!!


何かうわさに聞いてた退職面談と違う...。
めっちゃフレンドリーや...。
明日には本局に許可取ってくるとか言ってるし、
何このスピード感。


私「凄いあっさりしてますね」

所長「ボーナスもらって辞める人
最近増加傾向だし、公務員は
ある程度人材をプールしてるから
基本退職通すんだよね~
向いてない人もたくさんいるし
やりたい仕事するのが一番良いからね~」



その人材を直ちに寄越せ( ^ o ^#)


とまあそんな感じで退職決まりました。
ネットで公務員の退職調べても
「引継で迷惑かけるから2-3か月前必須!」とか
「退職は任命権者の許可無いと駄目だから要注意!」とか
色々書いてるから不安で仕方なかったゾ!!

これはあくまで某東京地方上級職の例なので
参考になるかは自治体によるけど
あっさり決まることもあるので
心に決めたらさっさと言うのが
良いと思います!


適当に決めすぎ?もったいない?


何回も言う通り、私は公務員でした。

東京にある地方上級職のため
地域手当含め酷くはない給料もらっています。
今年の予定では採用2年目で
額面で年収450万円の予定でした。
(夜勤が時々あるにせよ)

公務員試験も運よく一発合格だったとはいえ
対策のためそこそこ勉強しました。
それにかけた時間と費用は
少なくありません。

ちなみに私の転職しようとしているところは
平均年収350万円-450万円です。
しかも教育業界なので少子化の現在、
ボサっとしていたらパイを奪われる
シビアな業界とも言えます。
恐らく前の職場の給料を安定して
超え続けることは中々難しいでしょう。

もったいないのでは?
もう少し考えてみては?

とか言われることは重々承知です。
しかし一言



半年も転職を考えてたんだよ!!
適当に決めてないし熟慮したわ!!
でもやりたい仕事の魔力凄えわ!!



そもそも「もったいない」とは何なんでしょうか。

お金がもったいない?
安定がもったいない?
楽しくなる前にやめてもったいない?


私にとっていちばんもったいないのは
「我慢する時間」でした。

土日にしっかり休んでも
頭に浮かぶ仕事の案件でブルー。
長期休みも休み明けを考えると
心から楽しめない。

この楽しめない時間が凄くもったいない。
肉体的な疲れは完全週休二日制
治るかもしれませんが、
精神的な疲れは全く取れません。
それこそ1年ぐらい欲しい。

だったら根本から治療するしかない。
辛い原因を根こそぎ改善するほかない。
その手段の一つとして転職を決意しました。


それに決断したのはこの1週間ですが
転職エージェントに初めて相談したのは
2018年1月でした。
更に言えば転職サイト登録は2017年12月頭。

それだけ悩んだんです。
やりたい仕事をしたいというのは
単なる逃避じゃないかどうか
この半年ずっと考えた上での判断です。

もう我慢しない。


それでもいざやめると怖い?


別段恐怖は感じてないです。
むしろ今の職場に居続けることが
一番の恐怖なので...。

それと比べたらどれもこれも
大したことないように見えるのは
社会人経験を通して
ちょっとは精神鍛えられたのかな?


ちなみに家計簿公開とかで
時々資産は公開しているのですが、
退職金・ボーナス・来月の給与・これまでの資産
合計したら1年ぐらい
何もしなくても生きてけそう。

公務員は失業保険無いから
こういうの超重要!

もちろん空白期間はなるべく空けずに
転職したいんだけど、
最悪決まらなくても生きていけるのは大事。
その場合バイトもするんだろうけど。


これから

6月末まではしっかり働きます!
並行して転職活動も進めます!
後は妥協せずに職を決めるだけ!

というシンプルな目標で動いてます。


これまで自分は
「やりたいことを仕事にしても無意味」
「仕事と楽しさは切り離せ」
という一般論に囚われすぎていた気がします。

あまりにも給料とか福利厚生とか
自分の生活を重視するがあまり、
自分自身がおろそかになっていました。

今度は自分の心の声に素直に従って
行動してみようかと思います。


お読みくださりありがとうございました!


前回記事: 
【公務員からの転職日記 No.1】某地方上級公務員からの転職決めました

次回記事:【公務員からの転職日記 No.3】転職活動のはじまり①|仕事&評価への不満